読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

コロンス島(厦門)のお土産

中国 福建省厦門(アモイ・シャアメン)の名所、コロンス島。
中国ではコロンス島の事を「鼓浪嶼(グーランユー)」と呼びます。
 買って良かった!お土産店を3件紹介しま~す!

f:id:realchina:20160922015318j:plain

 「CHEN' TEA SHOP(陈罐西式茶货铺)」 公式サイト「陈罐西式茶货铺
福建省のお茶と紅茶を取り扱っているお店です。
お店の外装からしてそうですが、商品のパッケージデザインがカラフルでセンス良くておしゃれです~!

中国茶ハーブティー・紅茶などなど、あらゆる茶葉が売られています(試飲もありました)。
缶入りもありましたが、私は手軽なティーバッグを購入。どれを買おうか迷いまくりましたが、ちょうど6種類のティーバッグ(各25個入り)がセットになって入っているお得な商品が売られていましたので、それを買いました。
ティーバッグの茶葉量も多めでカップ2杯は十分に楽しめました。お得だ~。
お茶に合うお菓子も売られていましたよ(試食もありました)。
帰国してティーバッグをお土産として配りました。まずパッケージのオシャレさに喜んでくれて、後日美味しかったという感想もいただきましたv

 

 

f:id:realchina:20160922015417j:plain

「金蘭餅店」
地元密着派の焼き菓子屋さん。
お店の奥に置いてあるオーブンで焼いたココナッツタルトやパイナップルケーキがショーケースに並んでいます。
食べ歩きにも最適。お持ち帰りにして、ホテルで食べるのも良し。他のお店でドリンクだけ注文して食べるのもアリでしょう。
月餅は個装されているのでお土産にもできます。
余計なものが入っていない素直な味が嬉しいです。

 

 

f:id:realchina:20160922015358j:plain

「林寂荘」 taobao版サイト(首页-林菽莊-淘宝网

オシャレにアレンジされた月餅が買えるお店。
香港でもこういうタイプの月餅を買ったことがありますが、洋菓子と中国菓子と和菓子がフュージョンしたらこうなった!という、新世代の月餅だと思います。
試食もさせてくれますので、どんな感じなのか確かめられます。
イギリス風のレトロな本屋さんをイメージさせる内装が凝ってます。
月餅の入っている化粧箱も洋書のデザインになっています。食べた後も、小物を入れて本棚に仕舞えたり、おしゃれなインテリアにもなってしまいそうです。
お菓子に合うお茶も売っています。またお茶のパッケージもセンス良いです。
伝統的な月餅は脂っこくて苦手…という方には良いのではないでしょうか!

 

 

上記のお店以外にもコロンス島(鼓浪嶋)にはお土産屋さんがいーっぱい!あります。
福建省ということでお茶はもちろんですが。お茶に合うお菓子やドライフルーツ・ナッツ類のお店もたくさんあります。
台湾からも近く、台湾の影響もたくさん受けている関係からかパイナップルケーキもお土産としてたくさん売られていますね。台湾のお土産と被るものもあります。

私は上記のお店の商品とお隣の厦門の中山路にて、
「厦物商行」という厦門のお土産屋さんで「リュウガン(龍眼・桂圓・ロンガン)」と、「パイナップル」のドライフルーツを買いました。量り売りでかえます。ちゃんと無添加かどうか確認して買いましたよ☆ 
店員さんが親切でした~。
ドライフルーツは同じフルーツでも等級や製法によって味が異なるので、試食させてもらった方がいいですよ。中国は日本と違って試食させてくれるので、迷って買わないのなら試食させてもらうのが良いと思います。

あと、ちゃんとした福建省の烏龍茶も買いました。同じく中山路で「雲香茶叶」(厦门云香茶业有限公司)というお店で、試飲もさせてもらって。「大紅袍」という種類のお茶を買いました。普段飲むおなじような中国茶とは違い、まろやかで香りも高く味わいのあるものでした。やはり高価なだけはありますね。


コロンス島は観光島なので、お土産の物価も観光価格です。
もしも、厦門にも滞在するのであれば、コロンス島でなくても買えるものは厦門で買った方が安いかもしれません。参考までに(´・ω・`)

 

 

realchina.hatenablog.com

 

 

(^^♪コロンス島について、わかり易いページを見つけたので勝手にリンクしておきます。 

コロンス島(鼓浪嶋)

中国・アモイ 港町、ノスタルジック散歩 (海外旅行)| ウーマンエキサイト・ガルボ