読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

紹興のワンコとアヒルのスナップ

紹興・杭州 ネコ 動物・魚類・鳥類・植物など

f:id:realchina:20161124173855j:plain

紹興へ行ったときに出会ったワンコとアヒルさん。

 中国旅に行くと必ず、飼い犬や野良犬・野良猫との出会いがあります。
中国は飼い犬のしつけがしっかりとできていて、リードを付けずにお散歩をしている方を多く見ます。
10メートルくらい飼い主さんと離れていても、飼い主さんが名前を呼べばサササっと傍へ寄って並走します。
どんな犬も吼えずに非常によくしつけされているなといつも感心してしまいます。

飼い犬なのかそうでないのか、リードが無いので首輪の有無で見分けます。

★朝の散歩中に見つけたボーダーコリー。
奥の広場ではおばさんたちが羽扇子振り回して軽快な音楽と共にダンスしてます。

★民家の入り口にいたマルチーズとアヒル。
飼われているのでおとなしく、近づいていったら犬の方も寄ってきました。飼い主のおじさん曰く「もう、年をとっているから噛まないよ」とのこと。おお、若かったら噛まれてたのか、私。(;'∀')
それにしてもこのマルチーズ、すんごい顔が笑ってるんですけど!!!(爆笑)

横にいたのはアヒル。
農家ではなく、普通の民家で買われていたのでちょっとビックリ。
思わず「アフラックだ!」って叫んでしまいました。
写真撮った後、おじさんに白菜をもらっておいしそうに食べていました。

★ホテル近くの巨大ショッピングモールにいたウエストハイランドテリアっぽい?雑種。
犬の事は全く詳しくないので何のミックスなのかはわかりませんが、近寄ってきました。
でも私が何も食べ物を持っていないとわかるとプイッとどこかに去っていきました。


中国は広い。だから地域によって飼っている犬種が違う。
地域性の違いを調べてみるのも面白いですね。
日本も同じですが、やっぱ都会は小型犬が多いです。

 

 

ペットがいても海外旅行はできる!
家族と離れるのは寂しいけれど、預かってもらうのも選択の一つです。