読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

コロンス島のおネコ様とわんこ。

コロンス島で出会ったかわいこちゃんたちv

猫が多いので"猫島"とも呼ばれるコロンス島。

いやいや、わんこも負けてませんよ!

島を散策しているとあっちこっちで颯爽と歩くわんこ達を見かけます。
なんとなく、犬は放し飼いまたはノラ君。猫はカフェや宿の飼い猫。という感じを受けました。
それで住み分けができているのかなと。

島に滞在中に出会った子たちを集めてみました!

 

f:id:realchina:20160815003934j:plain

廃屋になっていた洋館を修復して、ホテルとカフェを営業しているお店に居た看板猫。

レジのカウンターの真ん中に寝ていて、最初はあんまり動かないもんだからぬいぐるみだと思っていたけど。

近くで見たら本物だった!

我慢できずに肉球触っちゃったvでも起きなかったよ。

起きてからは、他のニャンコ達と敷地内を鬼ごっこしてました。

気持ちよさそうな顔してるな~。

 

 

f:id:realchina:20160815004254j:plain

まとめてみました。

他の観光客も写真撮っている方多かったです。
彼らも撮られ慣れているみたいで、カメラ目線くれる子もいて、コンデジスマホでも可愛く撮れましたよ☆

車も自転車も走っていない島ですから、彼らにとってはほんとに安全な環境だと思います。
道のどまんなかで寝ている子もいました(笑

犬好き、猫好きな方にはたまらなく癒しの島ですねv

 

コロンス島へは、厦門の観客用フェリーターミナルから渡し船が出ています。

日帰りで行く人も多いみたいですが、せっかく行くのですから島を満喫してほしいです。連泊をお勧めいたします。

 

 


ペットがいても海外旅行はできる!
家族と離れるのは寂しいけれど、預けていくのも選択肢のひとつです。

(この場所に行った日:2015年12月29日~2016年1月2日)