読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

楓桱鎮(枫泾古鎮)への行き方 浦東空港・リムジンバス・上海南站(駅)・錦江楽園・楓梅バス・楓桱碑楼(坊)

2017年1月上海市金山区楓桱(フォンジン・枫泾)古鎮へ行ってきました!
同じ上海市だけど、地下鉄も電車も無いので交通手段はバス!ってことで。
浦東国際空港から楓桱までのルート行き方をご紹介しまーす!

f:id:realchina:20170112153610j:plain

 ★手っ取り早く公式サイトで調べたい方はコチラ!【枫泾旅游网

 

 水郷古鎮としてジワジワと人気が出始めている楓桱(フォンジン)。近くには農民画村があり、風景と芸術が楽しめる風光明媚な場所となっています。
浦東国際空港から上海市金山区楓桱鎮までは、バス&地下鉄&バスに乗って行きます
空港に降り立ったら、「机場巴士」(空港バス)の案内を探します。

f:id:realchina:20170112163118j:plain

まずは「上海南站」に行きたいので。机場巴士7線の乗り場に向かいます。
あちこちに表示があるので、それを見ながら表示に従って行くと着きます。
この写真の乗り場は第2ターミナルの乗り場です。
25分間隔で来るみたいですね。
バスは路線バスタイプのバスが来ます。乗り込んで好きなところに座ったら、車掌さんがバス代を集めに来ますので、20元支払います。
そこからは車窓を楽しみつつ、下道を走りながら終点まで約1時間乗ります。

f:id:realchina:20170112172601j:plain

 終点の「上海南站」に到着。
バスターミナル・鉄道駅・地下鉄など上海の南の玄関口。超巨大駅です。
地下鉄1号線に乗るために移動です。
地下鉄1号線の表示に従いながら、地下道へ。長い地下通路をひたすら直進。地下鉄1号線の乗り場が見えてきました。
地下鉄構内に入るのにまずは荷物検査。何か引っかかると身分証の提示を求めてきますのでパスポートを出しましょう。私たちが日本人だとわかると「日本人?じゃ、いいよ」というふうにサッと通してくれました。
券売機で1つ先の「錦江楽園」(ジンジャンラーユエン)までの切符を買います。
一駅なのであっという間に着きます。
改札を出たら北(左)へ移動。駅ビルの真横にバスターミナルがあります。

f:id:realchina:20170112174328j:plain

「新西南汽車站(梅龍西南汽車站)」
昼間と夜間で印象違うので両方の写真を載せておきます。
バスターミナルは非常に簡素です。
バスチケットは事前に両脇にある有人券売所で買います。両脇にありますが、片方しか売ってない時もあるので「あっちだよ」と言われたら、もう一方の所で買ってください。
楓桱まで12元です。
チケットを買ったら楓桱行のバス「楓梅線」の列に並びます。20~30分に1本走ってる感じです。
バスは路線バスタイプのバスが来ます。
改札員のおじちゃんが人数を数えながらチケットをもぎっていきます。
立ち乗りは無く、全員着席した状態で運行されます。

バスはすぐに高速道路へ入り、運行区間の90%は高速道路をひた走ります。なんと高速道路の制限速度は120キロ!バスは100キロの速度を保ちながら安全走行~。100キロ超えるとアラームが鳴るので、鳴るか鳴らないかのところで運転したはりました。周りの車はビュンビュン加速して追い越していきます。やはり上海は大都会、高級車がたくさん走っています!

f:id:realchina:20170112180840j:plain

高速を降りればすぐに楓桱です。
まず「楓桱碑楼」に停まります。
楓桱古鎮観光をされる方は、ここで降りてください。
※「地球の歩き方」には楓桱碑坊と書かれていますが、現在は楓桱碑楼となっています。お間違えなく~。
その後、楓桱の街中のバス停に3~4か所停まってから終点の「楓桱汽車站」に停まります。
楓桱汽車站、めちゃめちゃ大きいです。何かのテーマパークの入場ゲートかと思うくらいにヨーロッパ風で巨大です。

ここで注意点!
終点の「楓桱汽車站」はまわりに一般住宅(団地)以外何もないターミナルです。
楓桱古鎮観光をされる方で「楓桱碑楼」で降りそびれてしまったときは、次かその次の停留所で降りましょう!とりあえず終点まで行かなければ、徒歩で楓桱古鎮の観光スポットまで戻れます。
うっかり終点まで行ってしまったときはターミナルの内部まで進んで行き、路線バスのバス停まで行って。「楓桱1路」か「楓桱2路」バスに乗って「楓桱碑楼」まで移動しましょう。楓桱の路線バスは一律1元です。
路線バスは頻繁に運行していますので、しばらく待っていたら来ると思います。

★路線バスの時刻表はコチラ「中国·枫泾 -公共交通

 

私は夜に到着したものだから、路線バスはすでに終わっているし。ターミナルは誰もいない真っ暗闇で焦りました…(;・∀・)
たまたま白タクシーが停まっていてホテルまで乗せてくれと頼むと「20元だ」というのでちょい高めでしたが背に腹は代えられないので乗せてもらいましたが、白タクシー無かったらどうなっていたことか…。
路線バス終わっている時間帯だったら結構絶望的です。
楓桱はタクシーが存在しません。
時々走っているのは予約車か他の街から来たタクシーなので乗せてもらえる確率低いです。
スマホアプリの滴滴か何かでウーバー呼ばないと無理っぽいです。

 

さて、楓桱観光を楽しんだ後は。上海に帰らなければね!

f:id:realchina:20170112183727j:plain

 ホテルから楓桱1路が停まるバス停まで歩いてバスに乗車。バスがちゃんと停まってくれるのか怪しかったので両手降ってアピールしてみた(笑)。終点の楓桱汽車站まで乗ります。

「楓桱汽車站」の建物の中に楓梅線の区画があって、その中に有人券売所がありますので、チケット買います。12元です。
改札口前で並んで待ちます。
時間になったら、係員のおじさんがバスまで案内してくれますので、乗客みんなでぞろぞろと付いて行きます。

★バスの往復路の時刻表はコチラ「中国·枫泾 -公共交通

楓桱から上海に戻る路線は、枫泾汽车站-轨道莲花路-梅陇西南汽车站(锦江乐园)の順番に停まります。轨道莲花路は、地下鉄1号線「錦江楽園」のひとつ隣の駅「蓮花路」になります。
蓮花路の前は、巨大なショッピングモールになっていますので、食事やショッピングをしたい時は「蓮花路」で降車されることをおすすめ致します。

 

 

以上!

楓桱への行き方でした!!

 

f:id:realchina:20170112190442j:plain

 

枫泾汽车站-轨道莲花路-梅陇西南汽车站(锦江乐园)

枫梅线 枫泾 - 梅陇 (全程高速)

楓ジン