読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

上海浦東国際空港から近い「川沙」ってこんなとこ!

お役立ち情報 上海 中国 川沙 グルメ・スイーツ・お酒 現地の様子

f:id:realchina:20170125234136j:plain

上海浦東国際空港の早朝便・深夜便を利用することってありますよね。
リムジンバスも無い地下鉄も無い…となるとタクシーしかない訳ですが。
「川沙」に滞在するというのはいかがでしょうか?
2016年上海ディズニーランド開業により、急速に発展しているホットなエリアです!
上海浦東空港から上海市街まではタクシーで150元~ですが、川沙なら約50元です。
地下鉄2号線「川沙」駅を中心として半径徒歩15分圏内で行けるスポットをご紹介します!

 

f:id:realchina:20170126011725j:plain

A.「川沙公園」
川沙住民の憩いの場。
回遊式の中国庭園と立派な5重の楼閣がそびえる立派な公園です。隣には小さな遊園地もあります。
池ではアヒルボート漕げます。
池のほとりの庵では熟年層が社交ダンスの練習を。
茶室では老年の方々が真剣な面持ちで将棋をしておられました。
広場ではいくつかのグループがカラオケ大会をしていました。
普通ならうるさくて苦情がでそうですが、そこは広い敷地の川沙公園ですので問題無。
楼閣は自由に登れます。天気の良い日なんかは気持ちよいのではないでしょうか!
一眼レフ片手に蝋梅の撮影をされている方もいらっしゃいました。

B.地下鉄2号線「川沙」駅
下の画像に2番出口が映り込んでます。1番出口は交差点の所にあります。

 

f:id:realchina:20170126012041j:plain

C.「上海浦東緑地東海岸
「百联川沙购物中心 (東方商厦) 」
川沙駅前にある大型モールです。今までは飲食店と映画館が入っている上海浦東緑地海岸というものしかありませんでしたが、2017年新たに百联川沙购物中心 東方商厦がオープンするようです(1月現在工事中)。百联川沙购物中心 東方商厦がオープンすればファッション関係のお店が多数入るという事で、加速度的に川沙のお買い物事情が変化することでしょう。
お買い物が川沙で事足りてしまうということに!(嬉)

上海浦東緑地海岸の飲食店はレストランやカフェなど何軒か実際に入って食べていますが。十分使える素敵なお店ばかりです。お値段もいくらか物価上昇しましたが、上海市街の物価の高さに懲りた身には、まだまだありがたい物価です。

画像にも載せていますが。TOUCHbreadというパン屋さんは何度もリピしているお店。パンの味がもちろんのこと。2階がイートインスペースでオシャレなソファがいくつもあって寛げます。もちろんfreewifiあります。

ちょこちょこ画像に映り込んでいる黄色とグレーのカクカクしたビルはザキューブプードンホテル(浦東綠地鉑驪酒店)(The QUBE Pudong)という川沙駅前の高級なホテルです。高いので泊まったことはない(;・∀・)

f:id:realchina:20170126013121j:plain

E.「家乐福 (カルフール)」

 フランス系大型スーパーマーケット「カルフール」です。
1階はケンタッキー・飲食店・ファッションなどのテナントが入っています。
2階がカルフールです。
食料品はもちろんのこと、家電・学用品・生活雑貨・化粧品・衣料品などなど何でもあります。主婦なら「楽しすぎて気が付いたら2時間滞在してしまっていた!」という事になること必須(笑)
生鮮食品・加工品。オープンキッチンでは総菜が調理販売されていますから、出来立てホヤホヤを買うこともできます。あれこれお惣菜や飲み物を買って帰ればホテルで立派な中華ディナーを楽しむこともできますよv

f:id:realchina:20170126013248j:plain

D.上海妙境公交餐厅
中国のローカル飯といえばセルフサービス式の客飯(クーファン)。ショーケースのおかずを選んでお皿に盛ってもらって最後にお会計して食べるというもの。
中国の家庭的でバランスのとれた食事ができます。
このお店は隣が路線バスの車庫になっていて、お向かいは資材屋さんがあったりするので客層としては労働者の方が多めでした。ご飯の盛り方も豪快!

F.一捏私厨
友達が連れて行ってくれた東北料理のお店。
水餃子やハルビンソーセージ、羊肉串などの定番東北料理から。ちょっと飛び火して西北料理の泡馍(モウ)なんかもありました。
だいたい1品3~4人前くらいあります。でも値段はチェーン店の居酒屋くらいです。有難し。
オシャレな内装で店内は広くて2階もありました。

※どこのお店でも食べ残しは折詰にしてもらえますので持ち帰ることができます。
スープだって鍋料理だって持ち帰ってますよ~!中国の良いシステムだと思います。
残してしまって勿体ないと思ったらお店の人に申し出てみましょう!

 

以上、2017年年始の川沙情報でした~。