読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

紹興への行き方・アクセス・リムジンバス

お役立ち情報 中国 ~への行き方 紹興・杭州

f:id:realchina:20161110183056j:plain

紹興は、中国浙江省の北部、杭州と寧波の間にある小さな街です。
紹興酒の産地だよ!」と言えばピンとくるかな?
空港の無い紹興へどうやって行くのか。実際に行ってみたよ!
ちなみに航空券はここで買いました↓

 

紹興へ行くには、バスか高速鉄道を使います。

上海や蘇州・杭州など、周遊をされている方は高速鉄道を利用される方が多めなのかな?

紹興へ行かれた方のブログを拝見していると高速鉄道を使って1泊や日帰り旅行をされている方が多いようでした。
今回の旅は紹興に4泊5日滞在する旅程でしたので。日本から国際線で杭州蕭山国際空港(こうしゅうしょうざんこくさいくうこう)に飛び、そこからエアポートバス(机場大巴)で紹興市公路客運中心(紹興市バスセンター)に行くルートを選択しました。

 

※エアポートバスについて「地球の歩き方」情報と異なる場所がありました。
2016年10月現在、紹興のエアポートバス発着地点は紹興市公路客運中心(紹興市バスセンター)です。
行かれる方は最新情報を入手してから向かってくださいね!

 

杭州蕭山国際空港(こうしゅうしょうざんこくさいくうこう)から紹興の行き方です!

杭州蕭山国際空港の国際線ターミナルに到着したら、渡り廊下で隣接している国内線ターミナルへ徒歩移動します。 タクシー乗り場や杭州市内へ向かうバス乗り場を通り過ぎながらエアポートバスのチケット売り場を探します。

f:id:realchina:20161110190518j:plain

↑チケット売り場です。
各行き先が電光掲示板に示されています。
バスのチケットには本人か確認ができるように名前かIDを印字しなくてはいけないので、かならずパスポートの提示が必要です。代表で誰かに買いに行ってもらう場合は人数分のパスポートが必要。
なんとなくしか並んでいないので強気でおっちゃんたちをかき分けて買ってください(笑)

↓チケット買えました。1人30元です。

f:id:realchina:20161110192150j:plain

↑バス乗り場は、チケット売り場の横の出口から出て。
道路を渡ったお向かいにバスの改札&待合室の建物がありますので、チケットに書かれた時間に間に合うように移動してください。

時間になったら、改札口が開きます。
車掌さんがチケットとパスポートをひとつひとつチェックしていきます。チェックしてもらえたらバスに乗り込みます。
トランクを積む人は自分で積みます。
席はちゃんと人数分確保してあるので早い者勝ちではありますが、ちゃんと座れます。
一応、チケットに席番号が印字してあるので、違う人が座っていたらのいてもらうことは可能ですが、なんだかややこしくなるので隣同士で座りたい場合は、どちらかがトランクに荷物積み込んで、その間にもう一人が自分たちの席を確保しに行くという手段でいくのが良いでしょう。

バスは時間通りに出発します。待ってくれませんので遅れないように!

夕方の帰宅ラッシュの時間帯にハマってしまい。紹興に行くのに100分もかかった。
バスの質にばらつきがあり、運転手もガラが良くない人にあたってしまってバス酔いしました((-_-;)

 

紹興市公路客運中心(紹興市バスセンター)の周りは夜に到着すると真っ暗で何もない((;´・ω・)
とりあえず土地勘も無いしタクシーしかないみたいなんで、タクシー乗ってホテルに向かいました。

ターミナルに溜まっているタクシーはぼったくってくる可能性がありますので。必ず乗る前に値段交渉をしてください。
私は紹興市中心街の一番南にある「咸亨大酒店」に宿泊していたのですが。運転手に20元だと言われました。高くないか⁉と思いましたが、相場がわからないので乗りました(-"-) ちなみに紹興市のタクシーの初乗り運賃は7元です。

帰国日にホテルからバスターミナルまでタクシーで行ったら14元でした。
や、やっぱりちょっと盛ってたな!あんにゃろう!!

f:id:realchina:20161110195147j:plain

到着したときは暗くてわかりませんでしたが。こんなに立派なとこだったんですね。紹興市公路客運中心(紹興市バスセンター)。

バスセンター内のチケット売り場でチケット買います。パスポート必要。
値段は行きと同じ30元ですが、今回はバス乗車障害保険がついてました。1人2元で勝手に掛けられます。お釣りが少ないから不思議だと思ったんだよなぁ~。ホッチキスで裏に引っ付いてました。

f:id:realchina:20161110195626j:plain

ゲートでチケット提示して乗車。
今度は行きより車両のレベル上がってた。そして混んでなかったので70分で到着。

バスの時刻表は情報が無くて調べられませんでした。
1時間に1本と見ておいてもらえれば良いかと思います。

 

紹興へ行かれる方へ。お役に立てれば幸いですv

2016年10月に取材。