読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル!中国大陸記

中国大好き~! 京都出身の筆者が中国ローカル旅を記録します。

中国への個人旅行は目的地に行くだけでも大変です。そこで、筆者が直接リアルに乗り込んガイドブックには載っていない情報を中心にレポート致します! 中国資本のCtrip・wechat・春秋航空も活用。

ANA機内食(2016年10月)

お役立ち情報 グルメ・スイーツ・お酒 中国 機内食 紹興・杭州

ANA all nippon airline 
ANA搭乗は高校の修学旅行以来、初めての国際線利用でした。
ANA機内食紹介です。

f:id:realchina:20161101233534j:plain

 

短距離便ということで1種類のみでした。

2016年10月26日関西→杭州
メインはハンバーグ。

2016年10月30日杭州→関西
メインはチキンのトマト煮込み。

とっても美味しいわけではありませんが、日本のファミレス的な感じの味でした。
好き嫌いのない感じ。
行きは食べ過ぎると現地に着いてからの食事が食べられなくなるので半分くらいにしました。帰りは帰宅後なにも食べないのでほとんどいただきました。

 

ANAの通信機器の機内使用・持ち込み・取り扱いについて
いつも中国の航空会社を利用している身としては、勝手が違いましたので少々困惑しました。
通信機器の機内利用は、離発着時・フライト中でも機内モードであれば使用可能だそうです。
なので、離陸の時も着陸の時もスマホゲームに没頭する人が居てて、客室乗務員もそれを見てもスルー。何も知らなかった私は「えー!どうして注意しないの⁉」てすごーくモヤモヤしてしまった。
中国の航空会社だったらスマホは「消してください」「切ってください」「使わないでください」って、必ず注意されるし。シートベルトと共にひとりひとりチェックされます。
ANAはお客さんを信頼しているのか、シートベルトの確認も結構アッサリ。
航空会社によって規定が違うのは混乱しますね。
知らないと余計な誤解や疑いを招きますし、通信機器の携帯率は相当高いと思いますので離陸時の機内案内の映像でも放送してほしいと思いました。
アナウンスだけでは聞き取りにくかったりしますしね。